DIYは難しくない、まずは簡単なものから始めて慣れよう

作り方の考え方

作る前に乗せる物を考える

 突っ張り棒で簡単DIY収納棚を作ります。  使用する物は、突っ張り棒2本とメッシュアミ。使用する場所は、狭い押し入れやトイレなどです。  力仕事に自信の無い方や女子の力でも一人であっという間にDIYできます。  注意する点がいくつかあります。 *乗せる物を考える。  例えば、トイレならばトイレットペーパーが乗せられます。押し入れならば、  紙袋やBOXティッシュなどが乗せられます。 *乗せる物が突っ張り棒の耐荷重に合っているか。  突っ張り棒の耐荷重を越えてしまうと、物が落下してきます。 *突っ張り棒を突ける場所の幅が合っているか。  突っ張り棒を購入する前につける幅を測っておけば、お店で悩むことはありま  せん。 *突っ張り棒の限界線を越えないようにする。  これを越えてしまうと、耐荷重を越えていなくても物が落下する恐れがありま  す。 このようにいくつかの注意点を守れば簡単に収納棚がDIYできます。

突っ張り棒を使って収納棚のアレンジ

 突っ張り棚は、デットスペースを有効にすることができます。一つの棚に収まらなかった物がこの棚によって収納することができるからです。  もちろん、先ほどあげた注意点を守れば十分用を得ますが、あることをすると地震の時にもっと安心です。  それは、突っ張り棒の先と壁の間に地震対策に使う耐震ゴムをはさむことです。これをすることによってより強度になります。こんな簡単なことで、私はれで一回も物が落下してきたことがありません。  また、二段使いにして収納力UPにすることもできます。その他、上段の手前にS字フックをかけてそこにカーテンをつけることによって目隠しすることもできます。こちらは、見られたくない物やごちゃごちゃした物を入れるのにぴったりです。  このように突っ張り棒を使って簡単にDIYで収納棚をつくることができます。

Copyright© 2015 DIYは難しくない、まずは簡単なものから始めて慣れようAll Rights Reserved.